窓の対策で、家の防犯ができる?

窓の防犯対策を考えているなら、できる事がありますのでご紹介いたします。

通常のガラスではなく、2枚のガラスの間に特殊な樹脂が施されている防犯ガラスに交換するのがオススメですが、その防犯ガラスにも幾つか種類があり、30ミルから90ミルというサイズ、ポリカボネードというランクがあるのだそうです。

数字が少ないほどガラスが薄くて、一般家庭では60ミルのガラスが使われていると言われていますよ。

もっと厚みのあるガラスに交換したいと考えても、ガラスとサッシのサイズと合わない場合には、サッシごと交換する必要があるという事なのです。

賃貸だからガラスの交換ができないという場合には、防犯フィルムや補助錠を活用するのがオススメですから、空き巣の侵入を防ぐための時間稼ぎ対策を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る