不審者に狙われやすい家にはどんな特徴がある?

泥棒から狙われやすい家の特徴を知り、防犯対策しておきましょう。

家が散らかっていて管理されていない家や、窓ガラスなどガラスが割れている状態で放置されている家、または敷地内の落書きを消さずに放置している家は狙われやすいと言われていますよ。

住人がルーズだと思われるような家は戸締りの忘れがあると思われてしまいますし、割れ窓理論が関係しているのだそうです。

住人が出かけていて敷地内の駐車場に車がない家も狙われやすく、外出中は駐車場に自転車を置いておくなどの対策が必要ですよ。

敷地内に門戸がなくて玄関ドアの近くにインターフォンがあるという家もリスクがありますし、インターフォンにカメラ機能を搭載していない場合に狙われやすいと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る